Skip to content

お住まいの国は?:
Threat Encyclopedia Mobile Page
クイックリンク
BKDR_KULUOZ.PFG
別名: a variant of Win32/Kryptik.ABNX trojan, a variant of Win32/Kryptik.ABNX trojan (Eset), W32/Kuluoz.APB!tr.dldr (Fortinet)
マルウェアタイプ: バックドア型
破壊活動の有無: なし
プラットフォーム: Windows 2000, Windows Server 2003, Windows XP (32-bit, 64-bit), Windows Vista (32-bit, 64-bit), Windows 7 (32-bit, 64-bit)
暗号化: あり
感染報告の有無 : あり

感染経路: インターネットからのダウンロード, 他のマルウェアからの作成

トレンドマイクロは、このマルウェアをNoteworthy(要注意)に分類しました。

マルウェアは、有名な運送会社や航空会社からの納品受領証を装います。

関連情報については、以下のブログ記事をご参照ください。

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

マルウェアは、不正リモートユーザからのコマンドを実行し、感染コンピュータを改ざんします。 マルウェアは、特定のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。

ファイルサイズ: 25,600 bytes
タイプ: EXE
メモリ常駐: あり
発見日: 2013年1月31日
ペイロード: URLまたはIPアドレスに接続, システムセキュリティへの感染活動

侵入方法

マルウェアは、他のマルウェアに作成されるか、悪意あるWebサイトからユーザが誤ってダウンロードすることによりコンピュータに侵入します。

マルウェアは、以下の方法でコンピュータに侵入します。

  • spammed email message that disguises as receipt from the following postal/delivery services and airline ticketing system:

    Delta Airlines
    American Airlines
    Deutsche Post
    FedEx
    UPS

インストール

マルウェアは、感染したコンピュータ内に以下のように自身のコピーを作成します。

  • %Application Data%\{random}.exe

(註:%Application Data%フォルダは、Windows 2000、XP および Server 2003 の場合、通常 "C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Local Settings\Application Data"、Windows Vista および 7 の場合、"C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming" です。)

マルウェアは、以下のプロセスを追加します。

  • svchost.exe

マルウェアは、以下のプロセスにコードを組み込みます。

  • created svchost.exe

自動実行方法

マルウェアは、自身のコピーがWindows起動時に自動実行されるよう以下のレジストリ値を追加します。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\
Windows\CurrentVersion\Run
{random} = "%Application Data%\{random}.exe"

他のシステム変更

マルウェアは、以下のレジストリキーを追加します。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\{random}

マルウェアは、インストールの過程で、以下のレジストリ値を追加します。

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\{random}
{random} = "{hex values}"

バックドア活動

マルウェアは、不正リモートユーザからの以下のコマンドを実行します。

  • idl|Sleep / Idle
  • run|Download and Execute Arbitrary file
  • rem|Uninstall itself
  • rdl|Update copy of injected code in svchost and add encrypted code to registry
  • upd|Update copy of main malware
  • red|Check latest malware version

マルウェアは、以下のWebサイトにアクセスし、情報を送受信します。

  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.132.24:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.224.202:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.63.194:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.178.174:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.10.68:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.81.166:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.159.166:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.22.146:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.50.161:8080/{generated value}
  • {BLOCKED}.{BLOCKED}.20.202:8080/{generated value}

マルウェアが実行するコマンドは以下のとおりです。

  • idl|スリープ/アイドル
  • run|任意のファイルのダウンロードおよび実行
  • rem|自身のアンイストール
  • rdl|"svchost" 内に挿入されたコードコピーの更新およびレジストリに暗号化されたコードの追加
  • upd|メインとなるマルウェアのコピーの更新
  • red|最新バージョンのマルウェアの確認
その他

マルウェアは、以下の運送会社や航空会社からの納品受領証を装ったスパムメールとしてコンピュータに侵入します。

  • Delta Airlines
  • American Airlines
  • Deutsche Post
  • FedEx
  • UPS

マルウェアがコードを埋め込むプロセスは以下のとおりです。

  • 作成された "svchost.exe"

対応検索エンジン: 9.300
初回 VSAPI パターンバージョン: 9.698.03
初回 VSAPI パターンリリース日: 2013年2月1日
VSAPI OPR パターンバージョン: 9.701.00
VSAPI OPR パターンリリース日:2013年2月1日

手順 1

Windows XP、Windows Vista および Windows 7 のユーザは、コンピュータからマルウェアもしくはアドウェア等を完全に削除するために、ウイルス検索の実行前には必ず「システムの復元」を無効にしてください。

手順 2

このマルウェアのパス名およびファイル名を確認します。
最新のバージョン(エンジン、パターンファイル)を導入したウイルス対策製品を用いてウイルス検索を実行してください。「BKDR_KULUOZ.PFG」で検出したパス名およびファイル名を確認し、メモ等をとってください。

手順 3

Windowsをセーフモードで再起動します。

[ 詳細 ]

手順 4

このレジストリキーを削除します。

[ 詳細 ]

警告:レジストリはWindowsの構成情報が格納されているデータベースであり、レジストリの編集内容に問題があると、システムが正常に動作しなくなる場合があります。
レジストリの編集はお客様の責任で行っていただくようお願いいたします。弊社ではレジストリの編集による如何なる問題に対しても補償いたしかねます。
レジストリの編集前にこちらをご参照ください。


  • In HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE
    • {random}

手順 5

このレジストリ値を削除します。

[ 詳細 ]

警告:レジストリはWindowsの構成情報が格納されているデータベースであり、レジストリの編集内容に問題があると、システムが正常に動作しなくなる場合があります。
レジストリの編集はお客様の責任で行っていただくようお願いいたします。弊社ではレジストリの編集による如何なる問題に対しても補償いたしかねます。
レジストリの編集前にこちらをご参照ください。


  • In HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
    • {random} = "%Application Data%\{random}.exe"

手順 6

コンピュータを通常モードで再起動し、最新のバージョン(エンジン、パターンファイル)を導入したウイルス対策製品を用い、「BKDR_KULUOZ.PFG」と検出したファイルの検索を実行してください。 検出されたファイルが、弊社ウイルス対策製品により既に駆除、隔離またはファイル削除の処理が実行された場合、ウイルスの処理は完了しており、他の削除手順は特にありません。


ご利用はいかがでしたか? アンケートにご協力ください。
解析者 : Mark Joseph Manahan