Skip to content

お住まいの国は?:
Threat Encyclopedia Mobile Page
クイックリンク
「2017 年 1 月:マイクロソフト 定例セキュリティ更新プログラム情報」
危険度: 極低
概要 :

マイクロソフトは、2017 年 1 月の定例セキュリティ更新プログラムをリリースし、以下の脆弱性に対応しています。

  • MS17-001:Microsoft Edge 用のセキュリティ更新プログラム (3214288)


    詳しくは こちら

  • MS17-002:Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3214291)
    危険度:

    詳しくは こちら

  • MS17-003:Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3214628)
    危険度: 緊急

    詳しくは こちら

  • ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス用のセキュリティ更新プログラム (3216771)
    危険度:

    詳しくは こちら

対応方法:

トレンドマイクロのサーバ向け総合セキュリティ製品「Trend Micro Deep Security(トレンドマイクロ ディープセキュリティ)」は、以下の「Deep Packet Inspection(DPI)」を介してネットワークを保護します。また、「Trend Micro 脆弱性対策オプション(ウイルスバスター コーポレートエディション プラグイン製品)」をご利用のユーザも、これらの脆弱性から保護されます。


Microsoft セキュリティ情報 ID CVE識別番号 DPIフィルタ番号 DPIフィルタ名 DPIリリース日 脆弱性対策オプションとの互換性
MS17-004 CVE-2017-0004 1008119 Microsoft Windows Local Security Authority Subsystem Service (LSASS) Denial Of Service Vulnerability (CVE-2017-0004) 2017年1月10日 はい
MS17-002 CVE-2017-0003 1008116 Microsoft Office Memory Corruption Vulnerability (CVE-2017-0003) 2017年1月10日 はい