Skip to content

お住まいの国は?:
Threat Encyclopedia Mobile Page
クイックリンク
WORM_DOWNAD.AD
マルウェアタイプ: ワーム
破壊活動の有無: なし
プラットフォーム: Windows 2000, Windows Server 2003, Windows XP (32-bit, 64-bit), Windows Vista (32-bit, 64-bit), Windows 7 (32-bit, 64-bit)
暗号化: あり
感染報告の有無 : あり

感染経路: すべての物理ドライブ内に自身のコピーを作成, リムーバブルドライブを介した感染活動, ソフトウェアの脆弱性を利用した感染活動, 共有ネットワークフォルダを介した感染活動

ワームは、Server サービスの脆弱性を利用し、感染活動を行います。この脆弱性により、不正リモートユーザが感染したコンピュータ上でリモートコードの実行が可能となります。

ワームは、物理ドライブおよびリムーバブルドライブ内に自身のコピーを作成し、感染活動を行います。またワームは、エクスプロイトコードをランダムなインターネットアドレスに送信することにより、インターネットを介しても感染活動を行います

ワームは、UTC (協定世界時)に基づき、250のランダムなWebサイトを含むURLのリストを毎日作成します。

ワームは、特定の文字列のいずれかを含むWebサイトへのアクセスを妨ぎます。これらのWebサイトは、ウイルス対策プログラムに関連しています

ワームは、リムーバブルドライブを介してコンピュータに侵入します。 ワームは、他のマルウェアに作成され、コンピュータに侵入します。

ワームは、レジストリ値を変更し、複数のシステムサービスを無効にします。これにより、システムに必要な機能が起動しません。

ワームは、感染コンピュータに接続しているすべてのリムーバブルドライブ内に自身のコピーを作成します。 ワームは、ネットワークドライブ内に自身のコピーを作成します。 ワームは、ユーザが感染コンピュータ上のドライブへアクセスすると自身のコピーが自動実行するように、"AUTORUN.INF" を作成します。 ワームは、ソフトウェアに存在する脆弱性を利用して、同じネットワーク上にある他のコンピュータへの感染活動をします。

ワームは、特定のレジストリ値を変更し、隠しファイル属性のファイルを非表示にします。 ワームは、特定の文字列を含むセキュリティ対策関連Webサイトが閲覧できないようにします。

ファイルサイズ: 160,480 bytes
タイプ: DLL
メモリ常駐: なし
発見日: 2008年12月30日
ペイロード: URLまたはIPアドレスに接続

対応検索エンジン: 8.900
VSAPI OPR パターンバージョン: 7.733.00
VSAPI OPR パターンリリース日:2010年12月28日

手順 1

Windows XP、Windows Vista および Windows 7 のユーザは、コンピュータからマルウェアもしくはアドウェア等を完全に削除するために、ウイルス検索の実行前には必ず「システムの復元」を無効にしてください。

手順 2

自動削除手順

※「WORM_DOWNAD」に感染したお客様は、「」に記載の「WORM_DOWNAD駆除ツール」をご利用ください。

手順 3

「WORM_DOWNAD.AD」が作成した AUTORUN.INF を検索し削除します。このファイルには、以下の文字列が含まれています。

[ 詳細 ]
 ;{garbage characters}
[AUTorUN
;{garbage characters}
AcTION=Open folder to view files
;{garbage characters}
icon =%syStEmrOot%\sySTEM32\sHELL32.Dll        ,4
;{garbage characters}
shelLExECUte=RuNdLl32.EXE      .\RECYCLER\S-5-3-42-2819952290-8240758988-879315005-3665\jwgkvsq.vmx,ahaezedrn
;{garbage characters}
useAuTopLAY=1
;{garbage characters}

手順 4

最新のバージョン(エンジン、パターンファイル)を導入したウイルス対策製品を用い、ウイルス検索を実行してください。「WORM_DOWNAD.AD」と検出したファイルはすべて削除してください。 検出されたファイルが、弊社ウイルス対策製品により既に駆除、隔離またはファイル削除の処理が実行された場合、ウイルスの処理は完了しており、他の削除手順は特にありません。

手順 5

以下の修正パッチをダウンロードし適用します。この脆弱性に対する修正パッチを適用するまで、該当製品の使用をお控えください。この製品の製造元が公開する正式な修正パッチをダウンロードし適用することをお勧めします。

註:

日本のお客様は、以下のツールをご利用ください。

修正パッチの日本語情報はこちらです。


ご利用はいかがでしたか? アンケートにご協力ください。
解析者 : Automation
更新者 : Karl Dominguez