Skip to content

お住まいの国は?:
クイックリンク

用語集

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
  
Macro Virus

マクロ型(マクロウィルス)
マイクロソフト社の Office製品(Word、Excel、PowerPoint、Access)のマクロ機能を利用して感染を広げるタイプのウイルス。

Office製品はユーザが多く警戒心も薄いため一時は猛威を振るった。しかしOffice2000以降、セキュリティ機能が強化されたことによりマクロウイルスが活動してしまう危険性が低下。現在では新種の登場はほとんどない。

被害は種類によってさまざま。たとえば「W97_MELISSA」(メリッサ)は、感染するとOutlookのアドレス帳に登録されている宛先にウイルスを送信するという活動を実行し、一瞬のうちに多大な被害を及ぼす。「X97M_LAROUX」(ラルー)は対照的に、目立った活動をせずじわじわと感染を広げていく。感染を広げていくだけでとくに大きな被害をもたらさないため、感染に気づかず広く蔓延してしまうことになる。 ※トレンドマイクロでは、このタイプのウイルスを、ワードマクロの場合接頭語 "W97M" "W2KM"、エクセルマクロの場合接頭語 "X97M" "X2KM"として表している。
Malvertisement

不正広告(malvertisement)
不正広告(malvertisement)は” malware advertisement”から派生した用語で、感染したオンライン広告を示しています。
Malware

マルウェア
「マルウェア」とは、ユーザが予期していないユーザの不利益となる「不正な活動」を実行するプログラムのこと。「不正プログラム」と呼ばれることもあり、トロイの木馬型不正プログラム、ワーム、ウイルスなどが含まれる。
Memory resident

メモリ常駐
「メモリ常駐」専用プログラムは、実行されると、コンピュータのメモリ内に常駐することができ、メモリに常駐していることから、継続的に不正活動を実行することができる。一般的に、バックドア型不正プログラムは、メモリ内に常駐して不正リモートユーザからのコマンドを待機するために、ファイル感染型ウイルスは、ファイル起動後ファイルに感染するために、この手法を利用する。また、メモリ内に常駐して連続的にメールを送信するワームもある。
Muling

Muling(運び屋)
「Muling(運び屋)」とは、フィッシング犯罪で用いられる手口のこと。この手口を用いると、フィッシング犯罪で盗まれた金銭を取り戻すことや犯人の割り出しが非常に困難となる。まずフィッシング詐欺の犯罪者本人がメール等で任意の人物に連絡をとり、「感染させたオンライン口座から金銭を引き出し、別の口座に入金すれば、一定額の報酬を支払う」との指示を与える。この際、任意の人物のことを、「密輸(Smuggling)」から借用して「Mule」と名づけられ、その手口は「運び屋(Muling)」と呼ばれる。指示どおり実行した人物は、一定の報酬を受け取る。ただし、この犯罪に捜査の手が及んでも、多くの場合、運び屋のみまでであり、指示した張本人を突き止めることも、盗まれた金銭を取り戻すことも非常に困難である。